前へ
次へ

虫歯についてタメになる小話

雑学を歯科クリニックで聞く機会があり、思わず『へー』と納得してしまいました。
虫歯という文字に

more

虫歯になりやすい状態では口臭も生じやすい

多くの方々は、口の臭いを気にしています。
エチケットの問題もありますし、口から悪臭が生じないに

more

水を飲むだけで痛みが生じる虫歯は早めに治療

虫歯の症状の1つに、知覚過敏があります。
水を飲んだ時に違和感を覚えた時などは、注意を要するで

more

虫歯を予防する主な方法

虫歯は、ある程度は予防する事ができます。
そもそも歯は、状態が悪くならないに越した事はありません。
一旦は状態が悪くなっても、歯科治療を受ける事はできます。
しかし費用もかかってしまいますし、通院する手間もありますから、予防しておくのが一番です。
歯が悪くなるのを予防する基本は、やはり歯磨きです。
毎日欠かさず歯磨きを行っておけば、ある程度は予防する事はできます。
おすすめは、電動歯ブラシです。
手でブラッシングしても構いませんが、どうしても限界があります。
歯と歯の間などは、手で磨くのは難しい事も多いです。
しかし電動歯ブラシであれば、適度に振動してくれますから、上手く磨けるケースも多いです。

ネット予約ができる名古屋市緑区の歯医者
お待ちにならずにスムーズに歯の治療に移ることができます

根管治療で治す歯医者
CT検査で歯の根から治療いたします

佐野市で根管治療なら藤田歯医者
経験豊富な医師が歯科用レントゲンを使用し、根管内の状況を正確に把握したうえで治療をしてくれます。

いびき治療もできる久喜のさくら歯科クリニック
マウスピースで気になるいびきを改善します

それと歯の根元を意識すると良いでしょう。
多くの方々は、歯の本体部分を磨いていますが、その硬い部分をブラッシングしても効果は限定されてしまいます。
そもそも歯の状態が悪くなってしまう箇所は、根元です。
根元にある歯周ポケットから細菌類が侵入してしまう訳ですから、そのポケット部分を電動歯ブラシで磨いてあげると良いでしょう。
そして、歯と歯の間です。
2つの歯の間も、磨き残しが多い箇所です。
ポイントを押さえて歯磨きしておけば、ある程度は虫歯を防ぐことはできます。
ただ慣れていない内は、歯磨きのコツが分からない事もあります。
間違った方法でブラッシングしていても、時間だけを消耗してしまうでしょう。
幸いにも多くの歯科医院では、ブラッシングの方法も教えてくれます。
正しい磨き方を覚えるためにも、一度は歯科医院で指導を受けてみると良いでしょう。
また虫歯を予防したいなら、乳酸菌のサプリという方法もあります。
サプリといっても色々あって、中には口に働きかけてくれる製品もあります。
そもそも歯の状態が悪くなってしまう理由は、口の中に生息している悪玉菌です。
悪玉菌が神経に悪さをしてしまえば、歯に激痛が生じてしまう事も実際あります。
しかし乳酸菌のサプリは、口の中の環境を整えてくれる働きがあります。
口内を善玉優勢な状態にしてくれますし、服用も検討してみると良いでしょう。

Page Top